進化したツリーハウス!!自然な曲線が環境に溶け込む、森の家プロジェクト。

イノベーティブなデザイナーAntony Gibbon Designsが計画した2つのツリーハウスを紹介します。ひとつは「Embryo(胎児)」、幹の中腹にぽっこりと膨らんだ居住空間が特徴的なツリーハウスです。ふたつ目は「Roost(鳥の止まり木)」と名付けられ、曲線のくびれと開放的な屋上が心地良さそうです。img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07 img_08 img_09

via Archinect

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中